代表挨拶

Top Message

FSIGMA(エフシグマ)のホームページをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

近年、世界的なパンデミックや各国の政情不安の影響により、人々の生活は大きく変化しました。

そうした中、資産を1つの国に集中させず、分散して保有すべきという考え方も広く浸透してきたように思います。

私たちは、資産はもちろんのこと、居住可能な拠点を分散しておくことも重要であると考えております。

今住んでいる国で戦争や未曾有の自然災害があった場合、他にも居住できる国があれば、大切な家族を避難させ、安全な生活を継続させることができます。

昨今の米中の対立等を見ても分かる通り、アジア太平洋地域においても政情リスクが高まっています。

海外移住をする、いつでも移住できるように複数国にビザを取得しておくことも投資の一つと考えられます。

特にタックスメリットの大きい国に居住すれば、税金が安くなる分、再投資に回せる資金が増加し、効率的に資産運用を行うこともできます。

むやみやたらに投資をすれば良いという訳ではなく、ご自身の目的や状況に合わせて、情報の取捨選択を行いながら判断をしていくことが重要です。

凄まじい勢いでグローバル化と情報社会化が進む中、情報の取捨選択は、投資をしていく上で今後益々必要なスキルになっていくでしょう。

『豊かなグローバルライフの実現を』

弊社FSIGMAでは、独自に構築した国際的なネットワークを活用して、アジア地域の皆様に貴重で有意義な金融経済情報をお届けし、皆様の人生をより豊かにする貢献が出来るように心掛けております。

FSIGMA Co., Ltd.
CEO 山本 聖

経歴

横浜市出身。慶應義塾大学法学部法律学科卒。大学1年生(19歳)で起業。学生時代には、南フランス・モナコへ半移住し、ヨーロッパ各国の社交界にも参加。これまでに手がけた事業は、アプリ開発、人材、起業家教育、ヴィンテージワインの輸入販売、金融関連など多岐にわたり、現在はマレーシアに移住し、当社の代表として海外投資情報の発信を中心に各種事業を手がける。国際ロータリークラブに日本最年少(当時23歳)で入会。独自の海外ネットワークを活かして、当社の各媒体や個人のYouTubeチャンネルにて海外の経済や投資情報を配信している。

豊かなグローバルライフの実現を