フィリピン不動産

概要説明

FSIGMA Co., Ltd.は、フィリピンをリードする大手デベロッパーであるDMCI Homesの正規販売代理店です。DMCI Homesは創業60年のフィリピンの財閥系建築会社DMCI Holdings Inc.を母体としており、Premier AAAA(プレミアクアドラプルA)ランクの最上級デベロッパーです。高品質で心地良い居住空間を提供する、フィリピンを代表するコンドミニアム開発会社です。 プレビルド制度を利用することで、フィリピンの高級コンドミニアムを「初期費用約80万円〜、月々のお支払約6万円〜」 と少額の積立購入が可能です。

フィリピンが投資に最適な理由

フィリピンは、世界銀行グループ報告書に基づき「USニューズ&ワールド・レポート誌」が割り出した結果、「世界で最も投資に適した国ランキング2018」(Business Insider)1位に選ばれました。投資に適している理由として、主に「①人口が多い」「②英語がネイティブである」「③高い経済成長率」の3点が挙げられます。

① 人口が多い

フィリピンの人口:約1億960万人(世界第13位) フィリピンの平均年齢:約24歳 ※2020年のデータ フィリピンは人口が多い上、若年層の割合が高く人口ピラミッドは綺麗な三角形をしています。人口ボーナスは2050年頃まで続き、今後も高い経済成長率が続くと見込まれています2040年までに日本の人口を上回るという予測もあります。 首都マニラの人口密度は、東京の約1.4倍であり、不動産需要が急速に高まっています。面積: メトロマニラ619.7km² | 東京23区 618.2km² 人口: メトロマニラ12876,3千人 | 東京23区 9205.8千人

② 英語がネイティブである

★ 出稼ぎによる外貨収入が多い 
フィリピンは英語が公用語となっています。フィリピンは英語話者人口が、アメリカ合衆国、インドに次いで世界第3位です。英語がネイティブなフィリピン人は世界中で出稼ぎを行い、GDPの約1割は出稼ぎによる外貨収入と言われています。
★ 世界的大企業の進出が多い
欧米先進国企業のコールセンターなどのバックオフィスがフィリピンに多く集まっています。例えば、ニューヨークとマニラの時差はちょうど12時間です。 コールセンターの売上は既にインドを抜いて世界第1位です。時差を利用して24時間体制のオペレーションができるよう、IBMやMicrosoftなどの大企業がこぞってフィリピンにバックオフィスを設置しています。人件費が安いことも大きな魅力の一つです。 このBPO(Business Process Outsourcing=業務外部委託)による売上は約230億ドル(約2兆6,000億円/2016年)で世界市場の約12%を占めます。

③ 高い経済成長率

フィリピンの経済成長率:約+6.1%
日本の経済成長率:約+0.7%
※統計データは2019年

フィリピンの経済成長率は世界の中でも最高水準にあります。近年にGDP成長率は年平均+6%以上(コロナ禍以前)で推移し、それに伴い首都マニラの家賃上昇率は年平均+約6〜9%で推移していると言われています。高い経済成長に伴い、不動産投資の利回りも高くなりやすいという特徴があります。

DMCI Homesについて

DMCI HOMESは、1954年に設立されたDMCI HOLDINGSより分社化し、マニラの住宅・インフラ建設を主軸事業とする企業です。 DMCI HOMESはフィリピンの財閥企業 DMCI ホールディングスの子会社であり、リゾートタイプの中層・高層コンドミニアムの開発に力を注いでいるフィリピンを代表する不動産デベロッパーです。 DMCI ホールディングスはフィリピン最大手の建設会社であり、フィリピン全域の建設、鉱業、電力、水道供給、道路施工等のインフラ整備を手がけております。 DMCI HOMESはDMCI HOLDINGSグループの強みを生かし、都市計画に基づいて主にフィリピンの中産階級をターゲットにした不動産を開発しています。 DMCI HOMESの物件はマカティ、オルティガス、ケソン、パラニャーケなどメトロマニラ主要エリアのビジネス・商業センターに近接しており、学校や病院等インフラ設備も充実しています。

① フィリピン最大の建設会社として知られており、会社、物件への信頼が高い

創業者のDavid M Consunji(デイビッド・コンスンヒ)は”フィリピン建国の父”としての愛称で有名です。インフラ開発を中心に経済発展に寄与してきた功績により国民栄誉賞を授与され、フィリピン国内で高い信頼を得ています。日本の大手建築会社や商社*との繋がりも深く、様々な共同プロジェクトを行ない、日本の文化や技術に対しての敬意が深い会社です。
*例: 清水建設、鹿島建設、大林組、丸紅、伊藤忠、日商岩井、三菱商事など

不動産開発会社としてフィリピン国内最高位ライセンスAAAA(クアドラプルA)に 国内で初めて認定され、海外での国際入札にも参加を増やし、国際空港やブルネイの王宮、ドバイのパームジュメイラなどの建築を手掛けています。

② 都会の中のリゾートコンドミニアム

DMIC HOMESのコンドミニアムは、全てリゾートコンセプトであり、都会にいながらもリゾートホテルにいるかのようなライフスタイルを実現できます。

スイミングプールや公園、バスケットボールコート、宴会場、BBQスペース、コワーキングスペース、ラウンジ、スカイデッキ、コンビニ、ランドリーなどの居住者専用設備が充実しています。

③ フィリピン人ファーストで投資に適した物件

DMCI HOMESは、フィリピン人に快適なリゾートライフスタイルを届けることを理念に掲げ、フィリピン人ファーストの会社です。

DMCI HOLDINGSという財閥系インフラ会社を母体としており、土地や材料の仕入れ、建設作業員の確保が非常に得意であり、他社に比べて割安でハイクオリティなコンドミニアムの建設が可能です。

そのため、フィリピン人の上位20%にあたる中産階級が“手に入れられる憧れ”の物件となっています。現地のフィリピン人入居希望者が多いので借り手が見つかりやすく、投資先としても魅力的です。

プレビルド方式

プレビルド(Pre-build)とは、竣工前(物件完成前)までに物件を購入することを指します。日本では馴染みのない言葉ですが、マレーシアやカンボジア、フィリピンやシンガポールなどの東南アジアでは、物件の購入時に一般的に採用される支払い方式です。当社では、DMCI HOMESのプレビルド物件をメインに扱います。当然、すでに建っている物件も取り扱い可能です。当社では、DMCIのプレビルド物件の中でも、その物件の開発をスタートさせると発表があった最初の段階で物件を押さえますので、最も取得単価が安くなります。

購入方法

お支払い方法について

竣工前(物件完成前)

物件価格の30%を支払い

竣工後

物件価格の70%を銀行ローンもしくは一括でお支払い

基本的な支払い方については、竣工前(物件完成前)までに物件価格全体の30%を支払うという形式で、毎月分割で支払いをしていきます。そのため、非常に購入しやすくなっています。
竣工後、残りの金額(全体の70%)を銀行ローンもしくは一括で支払います。一般的にはローンを組みます。ローンは誰でも組むことができますが、どこで組むかによって金利が異なります。ローンの組み方は下記の2パターンがあります。

・PNB(Philippines National Bank)→年利約5.95%(収入証明など簡単な審査あり)
・DMCIのローン→年利約11%(誰でも組めます)

※2022年5月現在の金利目安

主にかかる費用

初期費用初期費用=販売手数料(物件価格の6%と消費税)+予約金(55,000円)
竣工までの毎月の支払い額物件価格×30%÷竣工までの月数
竣工時にかかる費用​取得税(物件価格の約10.5%)+家具代(約50〜100万円)
竣工後物件価格残りの70%支払いフィリピンでローンを組む or 一括でのお支払い

費用のシミュレーション

【例:物件価格1,200万円の1ベッドルーム、5年(60ヶ月)で竣工の場合】
<初期費用>
1,200万円×6%(販売手数料)×1.10(消費税)+55,000円(予約金)=847,000円
<月々のお支払い>
物件価格の30%=1,200万円×30%=360万円(これを竣工までの60ヶ月間で支払う)
毎月の支払額(5年間)=360万円÷60ヶ月=6万円/月
毎月、6万円のお支払い。
<竣工時にかかる費用>
取得税:1,200万円×10.5%=126万円 家具代:50万円〜100万円
<竣工後物件価格の70%の支払>
竣工後は残り金額840万円(物件価格の70%)をローン(5年o10年) または現金一括にてお支払いとなります。

ご購入手続きの流れ

STEP
ご面談、物件選び

ご予算等に応じてオススメの物件をご提案させていただきます。

STEP
申し込み

物件購入の申込書を提出していただきます。

STEP
初期費用のお支払い

販売手数料及び予約金のお支払いがございます。

STEP
ご契約、登記必要書類の準備

デベロッパーから契約書が郵送されてきますので、そちらにサインをしてご返送いただきます。

STEP
ダウンペイメント開始(竣工まで)

竣工の数ヶ月前にローン申し込み

STEP
竣工の数ヶ月前にローン申し込み

竣工後に残っている残債についてローンを使って支払うことが可能です。フィリピンの提携銀行PNBの日本支店(東京:田町、名古屋:栄に所在)にてローンの手続きを行います。

STEP
竣工時に取得税支払い等

竣工時に発生する各種税金の支払いや登記に関する手続きを行います。

STEP
家具の搬入

通常、家具付きで賃貸に出します。家具搬入も弊社で代行可能です。

STEP
賃貸付けの開始(Airbnbでの運用も可)

家賃収入が入る一方、ローンの返済(5年〜10年)があるため手出しが発生します。

STEP
売却

タイミングを見て(15〜25年の保有がお勧め)売却をしてエグジットします。

参考動画

フィリピン不動産の購入方法やDMCI Homesの物件情報についてYouTubeにて解説をしております。

現在販売中のプレビルド

現在販売中のプレビルド物件の情報を掲載しております。ご購入可能なお部屋についての詳細は別途お問い合わせくださいませ。Zoomでのご面談も承ります。

THE ORIANA(ザ・オリアナ)

THE ORIANAはメトロマニラのケソンシティの南部に建設される高層コンドミニアムのプロジェクトです。主な特長は以下の通りです。 ・TOD計画(公共交通インフラと街の総合開発)に沿った開発でLRTと新設の地下鉄が交わる駅Anonas Station(アノナス駅)が最寄り ・早期から土地の仕入れに成功していたこともり、同エリアの他社物件に比べて、平米単価は1.6〜2.2倍ほど割安(自社調べ) ・56階建ての高層コンドミニアムで、エリア内で最高階層の建物 ・周囲にはアテネオ大学(比較的お金持ちが通うマンモス校)など多くの大学があるほか、商業施設や病院なども整っており、賃貸需要が高いエリアです。

\ フィリピン不動産ツアー実施しています

フィリピンの首都マニラにて、不動産やデベロッパー本社の視察、おすすめスポットのご案内

お問い合わせフォーム