【物件情報】CORE RESIDENCES

CORE RESIDENCES 3つのおすすめポイント

急成長が見込まれる地区

ツインタワーこれから急成長が見込まれる新しい金融地区TRXに開発初期段階で投資が可能!

ホワイトカラー層からの需要

ファッション業界の師匠
Jimmy Choo氏がプロデュース!

希少性​

TRXエリア内のレジデンスの戸数が限られ、希少性が高くなりやすい!

合計708ユニットのサービス付きレジデンス!?

\ 国際金融地区TRXの最上級レジデンス /

コア・レジデンスの4つの特徴

2023年末に完成予定
急成長が見込まれるTRX地区

TRX地区の中でも
最も高級で人気なコンドミニアム

オフィス街に直結しており、
通勤や日常生活に便利

多層のセキュリティと
自宅の顔認識システム搭載

エリア内の戸数が約3,800と限られているので、希少性が高くなりやすく 急成長が見込まれるTRXに、 開発初期段階から投資ができるのは大きな魅力です。

TRXについて

Tun Razak Exchange(TRX)は、クアラルンプールに新しく開発中の国際金融地区です。約70エーカーという広大な土地にオフィスビル、レジデンス、ショッピングモール、公園などを開発しています。TRXの象徴である「THE EXCHANGE 106 」は高さ492mでアジアで最も高いタワーです。
TRXの総開発額(GDV)は400億リンギット(約1兆1,200万円)以上と推定され、マレーシアの経済成長を促進し、国際都市としての地位を向上させると期待されています。
TRXは、250を超える一流の国際金融会社を集めることを目的としており、特に金融サービスのために50万人の雇用と40,000人の知識労働者を生み出す予定です。すでにHSBCやPrudentialなどの多国籍企業が入っています。国際機関、政府機関、および関連企業も、TRXを事業の拠点にする予定です。
TRXはKLCCや繁華街のブキビンタンなどのエリアと合わせて「ゴールデントライアングル」と呼ばれるクアラルンプールの中心エリアに位置します。新しく2本のMRT(地下鉄)がTRXを通る予定で、高速道路のMEXも接続しており、非常に交通の便が良いです。

高級ホテルレジデンスになるので、利回りは高くありませんが、中長期保有でキャピタルゲイン狙いまたはセカンドハウス利用目的の物件となります。

THE RITZ-CARLTON RESIDENCESの概要

建物タイプコンドミニアム
階数50階
完成年2023年末竣工予定
総戸数580戸
専有面積58㎡〜95㎡
部屋サイズ1 Bed Room〜3 Bed Rooms
価格帯1,200,000RM〜2,500,000RM
開発会社WCT Holdings Bhd and China Communications Construction Group (CCCG)
所有形態所有権

実際に物件のご案内も行います!お気軽にお問い合わせ下さい♪

\ モダンでスタイリッシュなインテリアと充実したファシリティ /

充実した共用設備

7階
・ジム
・インフィニティプール
・ジャグジー
・カバナ
・ガーデン
・BBQ場
・子供用遊具
・屋内プレイルーム
・ファンクションルーム
・会議室
・ライブラリー

50階(ルーフトップ)
・ジム
・スイミングプール

フロアプラン

\ CORE RESIDENCESの資料はこちらからダウンロード頂けます  /

デベロッパー

世界的に有名なデベロッパー・機関投資家

CORE RESIDENCEは、世界的な大手デベロッパーとマレーシアの大手デベロッパーがタッグを組んで開発を行っています。
CCCG(China Communications Construction Group)は、世界的に有名なデベロッパー・機関投資家です。2020年のフォーチュングローバル500リストでは、78位にランクされています。香港とマカオを繋ぐ全長55キロの世界最長の橋の建築もCCCGが行っています。

そして、CCCGとマレーシアの大手デベロッパーの1つであるWCT Holdings Bhd.の合弁会社として、CORE Precious(CORE Precious Development Sdn. Bhd.)が設立され、CORE RESIDENCEの開発を行っています。

弊社代表のコメント

「今がチャンス」TRXの可能性への投資

CORE RESIDENCEは投資物件として非常に魅力的です。

CORE RESIDENCEへの投資は「TRXの可能性への投資」を意味し、TRXの成長とともに資産価値をアップさせることが可能になります。TRXはまだ開発途中にあり、今ならその初期段階から投資ができることになり、将来的に大きなキャピタルゲインを得られる可能性もあります。

そして、TRX内の企業に勤めるホワイトカラー層の賃貸需要が見込めるので、インカムゲインも安定しやすいと言えます。物件価格もKLCCエリアに比べてまだ割安なので、まさに「今がチャンス」です。

FSIGMA Co., Ltd.
CEO 山本聖

YouTubeでも詳しく説明しているので是非ご覧ください♪

お問い合わせフォーム

現地の内見またはオンライン内見も承ります!